SSブログ
前の10件 | -

2022-05-25 移ヶ岳 [写真とJAZZ]

 さて、今回は5月初旬、福島県田村市にある「移ヶ岳」に登った様子をお伝えしましょう。

この移ヶ岳には、昨年9月に初めて登り、今回が2度目です。登山口には大きな駐車場やトイレも完備され、山頂付近は急こう配で補助ロープが設置されていますが、他の登山道はしっかり整備され、登りやすい山です。

この時期、初めて登りましたが、意外と山野草が多く見られ、快晴の青空の元、新緑も綺麗で、大変楽しい山登りでした。

案内看板
1-案内図.jpg


気持ちの良い登山道
2-登山道.jpg


ムラサキケマンが群生で咲いていました。
3-ムラサキケマン.jpg


サワハコベはその小さな花を目いっぱい開いていました。
4-サワハコベ.jpg


登山道の両脇にはニリンソウが群生していました。
5-ニリンソウと登山道.jpg


6-ニリンソウ.jpg


エンレイソウは終盤でした。
7-エンレイソウ.jpg


これは珍しいシロバナエンレイソウ、結構咲いていました。
8-シロバナエンレイソウ.jpg


フデリンドウ
9-フデリンドウ.jpg


この山はスミレも数多く咲いていました。
10-タチツボスミレ.jpg


11-エイザンスミレ.jpg


12-マルバスミレ.jpg


13-アケボノスミレ.jpg


ヤマエンゴザサクも一部咲いていました。
14-ヤマエンゴサク.jpg


これも珍しいヒメイチゲ、とても小さいイチゲです。
15-ヒメイチゲ.jpg


移ヶ岳山頂(994m)
16-移ヶ岳山頂.jpg


展望が良く、360度見渡せました。

鎌倉岳
17-鎌倉岳.jpg


安達太良山
18-安達太良山.jpg


以上、移ヶ岳の様子でした。

さて、今回の演奏曲は「Summer Samba」、1964年ワルター・ワンダレイの作曲、サンバの名前がついていますがノリは早めのボサノバです。今回もいつものメンバーでの演奏です。







nice!(14)  コメント(1) 

2022-05-20 逢瀬公園 [写真とJAZZ]

 さて、今回は、5月連休中に「逢瀬公園」に行った様子をお伝えしましょう。

逢瀬公園は、福島県郡山市の西方にあって、このブログでも何回か紹介しています。

小山全部が公園になっていて、多くの散策路が整備され、その道脇には、春から秋にかけて、色々な山野草が咲くとの事でした。

5月に訪問したのは初めてでしたが、思った通り、多くの山野草に出会うことが出来ました。

全体図
1-全体図.jpg


新緑が眩しかったです。
2-逢瀬公園.jpg


3-新緑.jpg


ミツガシワ
4-ミツガシワ.jpg


5-ミツガシワ.jpg


イカリソウは、山全体に咲いていました。
6-イカリソウ.jpg


7-イカリソウ.jpg


チゴユリも満開でした。
8-チゴユリ.jpg


散策路を進みます。
9-散策路.jpg


奥の方のあまり人が来ない静かな場所にホタルカズラが群生で咲いていました。
10-ホタルカズラ.jpg


11-ホタルカズラ.jpg


これも珍しいルイヨウボタンも木陰にひっそりと咲いていました。
12-ルイヨウボタン.jpg


綺麗な新緑
13-新緑.jpg


カキドオシもたくさん咲いていました。
14-カキドオシ.jpg


すでに紅葉しているのか?
15-紅葉.jpg


木漏れ日の散策路
16-散策路.jpg


ウワミズザクラ
17-ウワミズザクラ.jpg


カラスノエンドウ
18-カラスノエンドウ.jpg


他から移植したのでしょうか?ツルオドリコソウも群生して咲いていました。
19-ツルオドリコソウ.jpg


これも珍しいクマガイソウ、福島県には数か所自生している所があって、地元の人たちが大事に育てています。多分そういう場所から移植したものと思います。
20-クマガイソウ.jpg


21-クマガイソウ.jpg



さて、今回の演奏曲は「Straight No Chaser」セロニアス・モンクの代表作、「ストレートでくれ、チェイサーはいらないよ」と言う意味ですね~。

メンバーはいつものメンバーです。








nice!(20)  コメント(12) 

2022-05-16 コシノコバイモ [写真とJAZZ]

 さて、今回は5月初旬、福島県奥会津の金山町にある「滝沢川 おう穴」に行って来た様子をお伝えしましょう。

この滝沢川は、大規模なおう穴があることで知られていて、東北でも最大級だそうです。
急流が長い歳月をかけて川底におおきなくぼ地と岩の回廊を作るそうです。

この時期まだ残雪があり、滝沢川の水流も多く、川底のくぼ地は見ることが出来ませんでしたが、本当の目的は、この川のまわりに自生する山野草です。

数台止めれる駐車場があります。
1-駐車場.jpg


滝沢川のおう穴の様子です。雪解け水ですごい水量でした。
2-滝沢川おう穴.jpg


3-滝沢川おう穴.jpg


4-滝沢川おう穴.jpg


さあ、この川の湖畔にひっそりとかつ群生して咲いている花「コシノコバイモ」です。
この野草、この奥会津や新潟、山梨、山形の一部などにしか生息しない日本固有種で、ユリ科バイモ属です。
高山植物でも貴重なクロユリの仲間です。
5-コシノコバイモ.jpg


6-コシノコバイモ.jpg


7-コシノコバイモ.jpg


他にもいくつかの山野草が咲いていました。

カタクリは終盤でした。
8-カタクリ.jpg


9-カタクリ.jpg


キクザキイチゲは真っ盛りでした。
10-キクザキイチゲ.jpg


11-キクザキイチゲ.jpg


12-キクザキイチゲ.jpg


13-キクザキイチゲ.jpg


以上、滝沢川の様子でした。

さて、今回の演奏曲は「Take The A Train」1939年デューク・エリントン楽団のピアニスト ビリー・ストレイホーンの作詞、作曲で超有名なスタンダードナンバーですね。
Atrainとは、ニューヨーク市地下鉄A系統の名称だそうです。「ジャズを楽しめるハーレムに行くなら、早く行ける”A”看板の電車にお乗りなさい。」という意味だそうです。

今回もいつものメンバー、お客様のリクエストによる演奏です。







nice!(20)  コメント(10) 

2022-05-11 県民の森 [写真とJAZZ]

 さて、今回は4月末に福島県大玉村にある「県民の森」に行った様子をお伝えしましょう。

この県民の森、「フォレストパークあだたら」と言って実は大規模なキャンプ場として知られていて、キャラバンサイトや個別サイト、グループサイト、常設トレーラーやコテージなど150ほどのキャンプ施設があります。

また、ビジターセンターや森林館、温泉施設まであり、週末は予約でいっぱいになるそうです。

今回は安達太良山のすそ野に広がる広大なキャンプ場まわりの散策路の一部を散策して来ました。

フォレストパークあだたらの全体図ですが、このまわりにも多くの散策路が整備されています。
1-案内看板.jpg


散策路を進みます。
2-散策路.jpg


さっそくいくつかの山野草に出会いました。
3-ヒトリシズカ.jpg


4-スミレサイシン.jpg


5-カタクリ.jpg


沢が流れていたので、沢の方に行ってみました。
リュウキンカの群生です。
6-リュウキンカ.jpg


7-リュウキンカ.jpg


8-リュウキンカ.jpg


クリンソウ
9-クリンソウ.jpg


ワサビは終盤でした。
10-ワサビ.jpg


散策路に戻ります。
11-散策路.jpg


ウスバサイシン
15-ウスバサイシン.jpg


アケビ
16-アケビ.jpg


スミレもいくつか咲いていました。
12-タチツボスミレ.jpg


13-シハイスミレ.jpg


エイザンスミレは、この1個だけしか見当たりませんでした。
14-エイザンスミレ.jpg


以上、フォレストパークあだたらの散策の様子でした。

さて、今回の演奏曲は「Lucky Southern」、1972年ドラマーのアイアート・モレイラ作曲でキース・ジャレットと共演して大ヒットとなりました。今回は軽いボサノバでの演奏です。
メンバーはいつものメンバー、仙台市国分町アコースティックライブバーWant Youでのライブ録音です。







nice!(18)  コメント(12) 

2022-05-06 ひたち海浜公園 ネモフィラ [写真とJAZZ]

 4月下旬、晴天でしたので、ちょっと遠かったですが、ひたち海浜公園に行ってきました。

みはらしの丘のネモフィラは、まさに見ごろでしたが、平日にもかかわらず、たくさんの人がコロナ対策をしっかりとって訪れていました。

最高の天気で、人がいなければ、ネモフィラの青と空の青の区別がつかないくらいの状況でした。

また、たまごの森フラワーガーデンのチューリップも満開で見ごたえがありました(^_^)。

1-ひたち海浜公園.jpg


2-ひたち海浜公園.jpg


3-ひたち海浜公園.jpg


4-ひたち海浜公園.jpg


5-ひたち海浜公園.jpg


6-ひたち海浜公園.jpg


7-ひたち海浜公園.jpg


8-ひたち海浜公園.jpg


9-ひたち海浜公園.jpg


10-ひたち海浜公園.jpg


11-ひたち海浜公園.jpg


以上、ひたち海浜公園の様子でした。

さて、今回の演奏曲は「Night And Day」1932年作詞作曲コール・ポーターのスタンダードナンバーでミュージカル「陽気な離婚」のために書かれた曲です。
今回は、テーマはアフロと4ビートを交互に演奏するやり方での演奏です。


nice!(22)  コメント(10) 

2022-5-1 妙見山 エイザンスミレ [写真とJAZZ]

 さて、今回は4月下旬に「妙見山」に行った様子をお伝えしましょう。

この妙見山は、福島県郡山市の西方面にある標高777.2mの低山で、この山の中腹から山頂にかけて多くの山野草が咲き、かつエイザンスミレも咲くという話を聞き、早速行ってみたわけで、私も初めての山です。

登山コースです。
1-登山コース.jpg


登山口から山頂までは林道が続いていて、山頂には飯豊和気神社が祀られているとの事なので、狭い林道をなるべく行ける所まで進み、駐車スペースのある場所に止めて、そこから山頂を目指しました。

駐車した場所からは小一時間で山頂に着きましたが、途中いろいろな野草に出会えました。

勾配のある林道をひたすら進みます。
2-登山道(林道).jpg


さっそくエイザンスミレがたくさん咲いていました。このエイザンスミレ、山頂までの林道わきのあちこちに咲いていて、数の多さにびっくり、まさにエイザンスミレの山でした。
3-エイザンスミレ.jpg


4-エイザンスミレ.jpg


5-エイザンスミレ.jpg


更に林道を進みます。木々も新緑に染まりだしてきました。
6-登山道(林道).jpg


エンレイソウ
7-エンレイソウ.jpg


カタクリは終盤でしたが、やはり数多く咲いていました。
8-カタクリ.jpg


9-カタクリ.jpg


ヤマエンゴサク
10-ヤマエンゴサク.jpg


更に進みます。
11-登山道(林道).jpg


ニリンソウの群生
12-ニリンソウ.jpg


13-ニリンソウ.jpg


ヒトリシズカ
14-ヒトリシズカ.jpg


キクザキイチゲ
15-キクザキイチゲ.jpg


スミレサイシン
16-スミレサイシン.jpg


もうすぐ山頂神社です。
17-登山道.jpg


マルバスミレでしょうか?
18-マルバスミレ?.jpg


山頂神社が見えて来ました。
19-山頂神社.jpg


山頂神社に到着です。
20-山頂(飯豊和気神社).jpg


以上、妙見山登山の様子でした。

さて、今回の演奏曲は「My One And Only Love」日本語では「この世で愛するただ一人の君」です。

1953年作曲ガイ・ウッド、作詞ロバート・メリンで、フランク・シナトラにより大ヒットしました。
その後1963年にジョン・コルトレーンが取り上げ更に大ヒット、それよりスタンダードナンバーとして、多くの有名ミュージシャンが演奏しております。

題名の通りとても美しいメロディーで、ゆったりとしたバラードになっています。

今回もいつものメンバー、仙台市国分町アコースティックライブバーWant Youでのライブ録音です。




nice!(20)  コメント(9) 

2022-4-27 天狗山 [写真とJAZZ]

 さて今回は4月中旬、福島県白河市の東方、表郷にある「天狗山」に行った様子をお伝えしましょう。

この天狗山、表郷地区のシンボル的な山で、山容が天狗に似ている所からその名が付いたとのことです。

福島県の「うつくしま百名山」の一つで、春には花まつりが開催され、11月には日本一遅い山開きが行われるようです。

この山にはカタクリとヤマブキソウの群生で知られていて、他にも順繰り様々な山野草が咲くようです。またスミレが多く咲き、学術的にも貴重な場所らしいです。

今回初めて訪れましたが、まずは山頂625mを目指し、下山にいろいろな山野草を楽しみました。

登山道も、山麓も良く整備されており、4/1~5/8まで花まつりが開催され、地元の方々がしっかり手入れされていて、花々の保存に努力されていました。

案内看板
1-案内図.jpg


2-登山口.jpg


3-登山道.jpg


結構急こう配の登山道をひたすら登ります。
4-登山道.jpg


小一時間で山頂到着
5-天狗山山頂.jpg


下りは周遊コースで、花々をゆっくり眺めながら下りて来ました。
6-ショウジョウバカマ.jpg


7-ショウジョウバカマ.jpg


カタクリは群生で咲いていました。
8-カタクリ.jpg


9-カタクリ.jpg


10-カタクリ.jpg


キクザキチゲも群生で咲いていました。
11-キクザキイチゲ.jpg


12-キクザキイチゲ.jpg


ニリンソウも咲き始めました。
13-ニリンソウ.jpg


14-ニリンソウ.jpg


あまり他でも見られないエイザンスミレもあちこちで咲いていました。
15-エイザンスミレ.jpg


16-エイザンスミレ.jpg


葉っぱに模様があるフイリヒナスミレ
17-フイリヒナスミレ.jpg


ヤブレガサも群生してました。
20-カタクリとヤブレガサ.jpg


18-ユリワサビ.jpg


19-ネコノメソウ.jpg


21-ダンコウバイ.jpg


以上、天狗山の様子でした。

さて今回の演奏曲は「In A Mellow Tone」デューク・エリントンの有名な曲ですね~^^。その後カウント・ベイシー他いろいろなミュージシャンが演奏しているスタンダードナンバーですね。
今回はちょっと雰囲気を変えて、ボサノバでの演奏です。

メンバーはいつものメンバー、仙台市国分町アコースティックライブバーWant You でのライブ録音です。




nice!(21)  コメント(12) 

2022.4.22 三春町滝桜 [写真とJAZZ]

 さて、今回は4月中旬、福島県三春町にある「滝桜」を見に行った様子をお伝えしましょう。

この滝桜、推定樹齢1000年以上、エドヒガン系のベニシダレザクラで、高さ13.5m、幹回り8.1m、根回り11.3m、枝張り東へ11.0m西へ14.0m南へ14.5m北へ5.5mの大規模な桜です。

令和4年10月には国の天然記念物指定100周年を迎えるそうです。

平日にもかかわらず、多くの人がマスク着用、消毒を徹底して観覧していました。

1滝桜.jpg


2-滝桜.jpg


3-滝桜.jpg


4-滝桜.jpg


5-滝桜.jpg


6.jpg


6-滝桜.jpg


周囲にもソメイヨシノが満開でした。
7-滝桜近辺.jpg


8-滝桜近辺.jpg


9-滝桜近辺.jpg


以上、滝桜の様子でした。

さて今回の演奏曲は「Four」マイルス・デイビスのレコード「Four And More」の1曲目に入っている名曲ですね♪。早めの4ビートの演奏で、店内は大盛り上がりでした。

メンバーはいつものメンバー、仙台市国分町アコースティックライブバーWant Youでのライブ録音です。




nice!(20)  コメント(12) 

2022-04-15 雪国植物園 [写真とJAZZ]

 さて、今回は4月初旬に新潟県長岡市にある「雪国植物園」に行った様子をお伝えしましょう。

新潟県は3月中頃から4月初めにかけて雪割草があちこちの里山で咲きます。しかも自然のなかで、いろいろな色鮮やかな雪割草が咲くことで有名です。今回は例年よりは遅いそうですが、ちょうど見ごろと言う事で、自宅からは250kmもありますが、この「雪国植物園」に行ってみました。

まずは、雪のかぶった佐渡島から
1-佐渡島.jpg


雪国植物園の全体図です。
この植物園は、里山全体をそのまま利用して、高山植物、外来植物、園芸植物を一切入れず、自然植生を大切にして今まで30年間で、作り上げた自然植物園だそうです。
また多くの散策路が整備されていますが、登り下りもそれなりにあって、登山の服装で訪れる人もいました。
2-全体図.jpg


東口入り口
3-東口入り口.jpg


さっそく斜面に色とりどりの雪割草が我々を迎えてくれました。
4-ユキワリソウ.jpg


5-ユキワリソウ.jpg


6-ユキワリソウ.jpg


7-ユキワリソウ.jpg


8-ユキワリソウ.jpg


9-ユキワリソウ.jpg


10-ユキワリソウ.jpg


園内で散策中
11-園内.jpg


キクザキイチゲの群生
12-キクザキイチゲ.jpg


越後や南会津で咲くと言われるコシノコバイモ
13-コシノコバイモ.jpg


ミズバショウ
14-ミズバショウ.jpg


ザゼンソウ
15-ザゼンソウ.jpg


ネコノメソウ
16-ネコノメソウ.jpg


この時期の後も、次から次といろいろな山野草が咲くそうです。

以上「雪国植物園」の様子でした。

さて今回の演奏曲は「Night in Tunisia」チュニジアの夜と言う超有名なスタンダードですね~^^。
1942年、トランペットのデイジー・ガレスピーとピアニストのフランク・パパレリの共作で、アフロと4ビートのリズムを組み合わせたエキゾチックなメロディーがとても素敵な曲です。

今回も有名な曲なので、リクエストがあり演奏しましたが、大変な盛り上がりでした♬。


nice!(20)  コメント(11) 

2022-04-11 逢瀬公園 [写真とJAZZ]

 今回は、4月に入ってからの逢瀬公園の様子をお伝えしましょう。

さすがに4月に入ると、色々な山野草や花木も咲き出します。この場所は郡山の西方面の山すそにあるので、市内に比べると、桜もちょっと遅く、今日現在でも咲き始めらしいです。

逢瀬公園全体が、明るくなったような気がします。
1-逢瀬公園正面階段.jpg


2-逢瀬公園.jpg


3-逢瀬公園.jpg


雪割草は、以前より咲く範囲が広くなり、この日も真っ盛りでした。
4-ユキワリソウ.jpg


5-ユキワリソウ.jpg


6-ユキワリソウ.jpg


フキノトウの群生、すでに伸びすぎ、もっと早めに来るべきでした。
7-フキノトウ.jpg


ザゼンソウは、終わってしまいましたが、ミズバショウは真っ盛りでした。
8-ミズバショウ.jpg


9-ミズバショウ.jpg


キクザキイチゲやカタクリもようやく咲き始めました。
10-キクザキイチゲ.jpg


11-カタクリ.jpg


ショウジョウバカマは今が盛りでした。
12-ショウジョウバカマ.jpg


タチツボスミレだと思いますが・・。
16-タチツボスミレ?.jpg


花木も花を付けだしました。
13-サンシュユ.jpg


14-トサミズキ.jpg


15-ヒュウガミズキ.jpg


17-紅梅とレンギョウ.jpg


以上、4月に入った逢瀬公園の様子でした。

今回の演奏曲は「Fly Me To The Moon」超有名なスタンダードで、誰でも知っている曲ですね。
1954年バート・ハワードの作詞作曲で、1964年フランク・シナトラによって大ヒットしました。
オスカー・ピーターソンなど、多くの有名ジャズミュージシャンが演奏していますね。

今回も、お客様のリクエストでの演奏、メンバーはいつものメンバー、仙台市国分町アコースティックライブバーWant Youでのライブ録音です。






nice!(20)  コメント(10) 
前の10件 | -